お腹に優しい便秘茶がついに登場!便秘茶の極意

便秘茶でもっと便秘になるかもしれない?

便秘茶、お腹がスッキリしない人にとっては頼もしい存在です。しかし間違った飲み方をしてしまうと、どんどん腸がダメになってしまう可能性があるって知っていますか?便を出すことだけを考えてしまうと、腸の機能が衰えて怠けてしまうことがあります。そんな腸にしないための便秘茶の選び方について紹介します。
直ぐ効く便秘茶、頑固な便秘でもしっかりと出ると感じる商品のなかには、実は強力な便秘を解消する生薬が含まれている可能性があります。よく便秘茶で効きすぎるといわれるのがセンナという成分で、これは下剤に匹敵するほど強力な作用を持っているため、人によってはお腹を壊してしまうことがあります。この便秘茶を長期間飲み続ければいつもお腹がゆるくなり、腸の機能が衰えてしまう可能性が出てくるのです。最終的には飲まないと出ない体質になり、便秘茶が欠かせない体になってしまいます。こんな風にならないためにも便秘茶の成分はしっかりと比較して選ぶようにしなければなりません。
便秘茶を定期的に飲むならお腹への作用が穏やかで、下痢を起こしにくい成分を選ぶのが一番です。センナは植物の一種ですから毒になるものでは無いのですが、それでも効きすぎて腸の機能を低下させる悪影響が考えられるのです。

関連情報

$cache_time ) { // キャッシュが存在しない or ファイルが小さすぎる or 古すぎるので再度ダウンロード $data = file($url); // 新規キャッシュファイルを作成 $fp = fopen($cache_file, "w"); flock($fp, LOCK_EX); foreach ($data as $key => $value) { fprintf($fp, "%s", $value); } flock($fp, LOCK_UN); fclose($fp); } else { // キャッシュが有効な場合は内容を配列として読み込む $data = file($cache_file); } // 乱数列初期化 srand(time()); // $dataの要素を乱数で並べ替え shuffle($data); // $dataの先頭要素を表示 for ($i=0; $i<=10; $i++){ echo $data[$i]; } ?>